http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1541501985/

1: 風吹けば名無し 2018/11/06(火) 19:59:45.14 ID:0ioe5z5c0.net
全国の公立高校で妊娠により退学した女子生徒が2015、16年度の2年間で、600人を超えたことが、文部科学省の実態調査で明らかになった。
性の問題が低年齢化している実態を受け、福岡県教委は今年度、中学生を対象に医師ら専門家による性教育の派遣授業を始めた。
県教委単位で中学校への派遣授業を実施するのは九州初。
専門家は「早い時期に始めることは意義深い」としている。
文科省が昨年9、10月に初めて実施した調査によると、妊娠した生徒は全国の公立高校が把握しているだけでも15、16年度で計2098人に上る。
うち妊娠を理由にした退学は674人。
福岡県でも妊娠した60人のうち35人が退学している。
ちなソース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181106-00050021-yom-sci

いま話題の記事

人気記事

コメント
  • コメントがありません
コメントする